冬の小バス釣りは厳しい?!【琵琶湖・湖西の漁港が全然釣れなくなった】

 

久々にバス釣りの釣行記です。

 

私自身、バス釣りの頻度が減りましたが、毎年1月〜2月には釣りがしたくて仕方なくなり

 

「湖北の漁港へと小バス釣りへ行きます!!」

 

しかし、ここ数年、私の行く漁港はほとんど魚の姿が見えません・・・

 

釣れていないですが、私が釣りに行った際の状況を書いてみたいと思います。

 

 

✔︎ 当記事の内容

・琵琶湖・湖西の漁港で全然釣れなくなった件

・冬に琵琶湖で数釣りを楽しめるポイントとは

・数釣りを楽しむためのポイント

 

 

琵琶湖・湖西の漁港で全然釣れなくなった件

 

私は滋賀県の湖西側に住んでいることから、釣りに行くのもついつい、西側に行ってしまいます。

 

とは言っても、湖西も実績があるポイントは多々あり、皆さんも「知内漁港」などは聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

私がバス釣りをメインでしていた10年前なんかは、冬は北湖西岸の漁港で小バスが常に溜まり、入れ食いを味わったものなのですが、ここ数年は冬でも魚の気配がないのです・・・。

 

もしかすると、私が釣行しているタイミングが悪いのかもしれませんが、ここ3年は本当に子バスの群れを見かけません。

 

さらには少し下って、「小松」あたりでも魚がよくいたものですが、ここも全く見えない・・・。

 

釣り人はいるが、釣っている人も見ていない

私が行く1月、2月でも釣り人はそこそこいるのですが、小バスすら釣っている人を見ません。

実際には釣れている方もいるのでしょうが、私が釣行中に見ている範囲ではほとんど記憶にございません・・・。

魚自体が小さい漁港には入らなくなってきているのでしょうかね?

 

ということで、この記事を書いている前日(2021年,2月12日)に各漁港を攻めてきましたが、魚の姿は皆無でした。

 

 

冬に琵琶湖で数釣りを楽しめるポイントとは

 

冬にバスの数釣りをしたければ、やはり温排水の出ているポイントへ行くのがベストでしょう!!

 

このサイトでも何回か登場していますが、有名なポイントで言うならば「旧彦根港」です。

 

✔︎ こちらの記事で「冬の釣りについて」詳しく書いています

関連記事

冬になると、淡水も海水も魚が本当に釣れなくなります。   「釣れなくても、ルアーを投げているだけで楽しい。エサ釣りでもウキを眺めているだけで幸せ!」   こういう方は、自分の好きなポイントで竿を出[…]

 

当然、水温が高めなポイントの魚は活性も高く、数釣りが楽しめます。

 

そして、私はそこまで通いつめていませんが、大型の魚も絶対にいると思います!

冬にとりあえずバスの引き味、顔が見たい!と言う方は、足を伸ばしてみるのがいいかと思います。

 

ワームでも小型のプラグでもきっと釣ることができるはずです。

 

✔︎冬の旧彦根港でオススメのルアー・ワーム

小型のルアーが断然オススメです。

PEラインを巻いたスピニングタックルであれば、30mは飛ばせます。

 

ワームは定番のカットテールなどで十分ですし、サイズ感を小さくしたければ、その場でハサミでカットして、ダウンサイジングしてあげればOKです。

 

よく釣れる実績ワームなのでオススメです。

 

 

数釣りを楽しむためのポイント

 

今回は大型のバスではなく、小バスの数釣りということなので

 

結論、「スピニングタックルを2つ」用意するといいかと思います。

 

別に1つでもいいのですが、プラグ用とワーム用で分けておいたほうが手間がなくてオススメです。

 

そして、ポイントとしてはプラグを扱うリールにはPEラインを巻いておくと飛距離が10mは延びます!

 

私は5g位のスピンテールジグを投げますが、PEラインでは30〜40mはぶっ飛びます。

 

✔︎ PEラインの特性を知った上で使うと◎

PEラインは弛んだ状態で使うと、感度が全くといっていいほどにありません。

したがって、ワームなどのラインスラックを使う釣りなどには向きません。

逆に、ただ巻きで使うルアーなどは常にラインテンションがありますから、感度が抜群に良くなるラインとなるのです。

 

このことからも、

 

スピニングリールにはフロロ5lb程度をワーム用、PEライン1号あたりをプラグ用にするといいでしょう。

 

2021年は安価な価格帯のアルテグラなどもリリースされるので、少しでも安く揃えたい方にはオススメです。

✔︎ オススメのタックル

リールは2021年春に発売されるアルテグラが安くてオススメです!
小型のルアーをメインに使うので、2500サイズでもいいかと思いますが、シーバスなどにも使いたい方はC3000番がオススメです!


【予約受付中!】シマノ 21 アルテグラ 2500SHG /スピニングリール 2021年3月発売予定 【釣具 お買い物マラソン】

 

まとめ

冬の釣りは魚がいる場所で、人より飛距離を稼げるタックルセッティングにし、小型ルアー・ワームでせこ釣りをしていけば小バスの数釣りが楽しめるかと思います。

 

まずは、魚がいる場所にいくことが大事です。

 

魚がいないと、どれだけ実績のあるルアーを投げようとも絶対に釣れませんから・・・。

 

 

>カヤック・釣り業界をもっと盛り上げていきましょう

カヤック・釣り業界をもっと盛り上げていきましょう

カヤックフィッシングをはじめ、釣りは本当に楽しい・素晴らしいアウトドアの趣味です。みんなでマナーを守り、それぞれ想い想いの魚と楽しいFishing Lifeをおくりましょう。

CTR IMG