カヤックフィッシングには必須の『防水ケース』

通常のショア(岸)からの釣りでは特に必要ないのですが、沖に出るカヤックフィッシングではと〜っても大事なもの。それが「防水ケース」。

万が一のSOSの時に必要なスマホ・携帯電話は確実に守れるようにしましょう。

そして、海でのSOSは「118番」です!!!

出艇時には必ず装着を!

カヤックで沖に出て釣りをしていたら、釣りに夢中になりすぎて波に気づかず「沈」

釣りに集中していると、周りの状況チェックがついつい怠りがちになります。
カヤックフィッシングに慣れてきた頃、このような事が起こりやすいと予想されます。

さて、そのような時に「知り合いと近くで浮いている」「漁師がたまたま近くを通ってた」などなど・・・

近くに人がいればいいのですが、そのような幸運な状況はそんなにないかもしれません。
知り合いと釣りに行っても、各々好きな場所で釣りをしますからね。

そんな時にまず守りたいのが唯一の連絡手段である「スマホ・携帯電話」。

万が一に沈してしまっても、こいつさえ守ってあげれば、カヤックに掴まりながら連絡をすることもできますよね。

防水ケースに入れずに、ライフジャケットのポケットにでも入れていたら一発で水没による故障になるでしょう。考えただけで恐ろしいですよね・・・。

なので、万が一に備えておきたいのが「防水ケース」なわけです。

基本、首からぶら下げるタイプがほとんどと思いますが、水の侵入を確実に防げるものにしましょう。そして、海では紫外線や潮によって劣化していくと思われるので、消耗品と思い、1シーズン毎に変えることもオススメします。

ちなみに、私は購入時は2つ買うようにしています。

絶対に閉まってはいけない場所

カヤックには前方、座位置、後方と収納がありますが、「前方」の収納に入れた物は着岸しない限りは取れないと思っておいてください。

海で財布なんかは使わないので、入れておいてもいいとは思いますが、スマホを入れてしまうと万が一の時に使えず、何のために海上までもってきたのか分からなくなってしまいます・・・。

なので、首にストラップでかけて、常に体から離さないようにしましょう。
私は車の鍵もライフジャケットに入れて離さないよう持っていますが・・・鍵に付けてるリングはいつの間にか潮で錆びてました(笑 

防水ケースのご紹介

万が一にストラップが外れても安心な「浮いてくれる」タイプが一番安全かもしれません。

いやいや、そこまで必要ないよ!という方は普通のスマホ防水ケースでいいと思います。

完全防水と書かれているものの方が安心感を感じますね。

まとめ

カヤックフィッシングも慣れてくると、結構無理をしがちだと思います。
しかし、そこは自然相手!自分の身は自分で守るしかありません。「後悔先に立たず」です。
周りへ迷惑をかけないように万が一の時の対策は準備するようにしましょう。

そして、冒頭でも書きましたが、海でのSOSは「118番」です!!!

お忘れなく。