【バス釣り】雨の日の釣りは魚が釣れやすい(?!)

バスフィッシングの中でも最もエキサイティングな釣り方

「表層系の釣り」

実はアフタースポーンからの梅雨時期がトップウォーターでは一番釣りやすい季節になるんですね。

まだ、プラグで釣った事がない、トップウォーター系ルアーで釣った事がないという方も今の季節に適切な釣り方をしていれば必ず釣れます。

ぜひ、最後まで読んで実践してみてください。

【雨の日は魚が釣れやすいのか(?!)】

 

タイトルの通り、「雨の日に魚は釣れやすいのか?」と問われれば、それはYESです。

トップウォータープラグ以外のルアーでも釣れやすいといえます。

 

それは何故か?

 

雨の日はそもそも釣り人が少ないですよね??

なので、「人的プレッシャーが薄く、魚が割と岸際に寄ってきている可能性があるからです。」

私は朝一釣り場に着いたら、岸際から丁寧に攻めていきますが、ルアーの種類を問わずHIT率は高いです。

まずは、岸際を巻物で探っていきましょう。

普段、難易度が高いと言われているようなポイントでも朝一ならあっさり釣れてくれる可能性がありますよ!

【注意点】

特にトップウォーター系のルアー(ポッパー、ペンシルベイト、スイッシャー、ノイジー系、バスベイトなど・・・)は時間帯を気にして欲しいのです。

夕まずめでも釣れますが、私のオススメは何と言っても

朝一です。大事なので、もう一回言っておきますが「朝一」が一番アツい時間帯だと思っています。

その日、そのポイントでは自分が第1投目を投げるイメージです。

ポイントが狭ければ狭いほど顕著になると思うので、誰よりも先にポイントへ入れるようにしましょう。

【トップウォータープラグの選定】

 

釣りは大体の方が趣味だと思うので、使うものは正直なんでもいいと思います。

自分が楽しめる、釣れる!と思うルアーを選んだらいいと思います。

 

極端な話、30年前のルアーでも問題なく釣れますからね!!

 

いろんなメーカーから新しいものがバンバン出てくるので、最先端を試したくなる気持ちもよくわかりますが、昔のルアーで全く問題なく釣れちゃうんですね。

 

私が過去に書いた「実績有りトップウォータープラグや釣り初心者についての記事」も挙げているので、よければご覧ください。


2020年現在でもよく釣れる「名作トップウォータープラグ」のご紹介

 

琵琶湖もトップウォーターシーズン開幕【激釣れバズベイト紹介】

 

【失敗しない】バス釣りのはじめ方&竿の選び方


【選定について】

上記で基本的には何でもOKとは書きましたが、管理人の使い分けを紹介したいと思います。

まず、そのポイントがオープンウォーターなのか、葦などのカバーもあるのかで変わってきます

オープンウォーターであれば、何でもいいのですが、魚を寄せる力のあるノイジー系、今だったらダッヂ、アベンタクローラーとかの羽もの、を使います。

もう少しサイズ感を下げたければ、「ペンシルベイト」で探るのが好きです。

「ポッパー」も一時期ハマっていた時には投げまくっていましたが、どちらかというと私はピンで狙う時、葦際の1m以内で食わせたい時などに使っていました。

 

ポッパーはいたら食ってくるイメージなので、「着水→1ポップ→ポーズ」。これだけです。

あまり速い誘いはしません。ルアーが止まっている時に食ってきます!

 

そして、沈んだ木の枝や人工物、カバーが濃い時は「バズベイト」を使います。

スピナーベイト同様、障害物があるポイントではめっぽう強いですからね!

 

私のオススメは断然、ゲーリーのジャンボバズなのですが、これで岸際を引いてくると

ドカーン!!!

と魚が出てきてドキドキします(笑

たまに雷魚でさらにびっくりします!!!!(笑

 

そもそもルアーフィッシングは「このルアーで釣りたい」というロマンもそれぞれ持っているでしょうから、投げ続ければ必ず釣りあげることができます。

 

最後、下にまとめてみるので確認してみましょう。

 

まとめ

今回お話ししたことをまとめてみます。

 


●トップウォーターで釣りたければ梅雨・雨の日はチャンス

●狙いは朝一か夕まずめを狙う(管理人は朝一がオススメ)

●使うルアーは何でもいいが、カバーがあるポイントはバズベイト

●ポイントに着いたら、いきなり岸際に立たずに、少し遠目からルアーを撃っていく


 

上記の全てを意識すれば、結果は出るはずです。

でも特に大事なのは季節と時間帯と思います。

ぜひ人が少ない雨の日のポイントで釣りをしてみてください。

>カヤック・釣り業界をもっと盛り上げていきましょう

カヤック・釣り業界をもっと盛り上げていきましょう

カヤックフィッシングをはじめ、釣りは本当に楽しい・素晴らしいアウトドアの趣味です。みんなでマナーを守り、それぞれ想い想いの魚と楽しいFishing Lifeをおくりましょう。

CTR IMG