巷で大人気のルアー『DaiwaのTGベイト』は本当に釣れるのか?

ルアー

Daiwa TG ベイト

自分はショアジギングをメインでやっている時は、「名前は知ってるけど、TG(タングステン)は高いし、別に買う必要はないや」と考えておりました。

ジグパラとか、1つ500〜700円位で買える物で充分でした。

しかし、カヤックフィシングを始めると、誰もが口にするのです。

「今日はTGベイトのただ巻きで真鯛が釣れた。青物が釣れた。キジハタが釣れた。」などなど。

そう、ターゲットはロックフィッシュからシーバス、青物、真鯛、イサキなど・・・

非常に幅広く狙えるルアーなのです。

ふむふむ、それじゃー。と私も買って使い始めました。

こんなパッケージに入っています。

こちらは針なしの物ですが、針付きのものも売っていますよ。(数百円高くなるので、自分でアシストフックを作ったり、購入した方がお得と思います)

写真は30gですが、グラムやカラーのラインナップは多数あります。

DaiwaのHPを見ると「11色ラインナップ、重さは20g,25g,30g,45g,60g」となっています。

まず、私の持っている物をいくつか載せてみますね。

左の二つが30gで右から2つ目の白っぽいのが45g、右端が60gです。

そうです、タングステンジグはコンパクトなのです。

そのメリットと使い時を説明していきます。

そもそもタングステンとは

タングステンという素材は鉛の1.7倍の比重がある素材です。つまり鉛の30gとタングステン(以下TG)の30gでは、重さは同じでも大きさが変わってくるということです。

TGの方が小さいシルエットで作れるということですね。

比較してみましょう。

左がDAISOに売っているジグロック40g。

右の小さめの方がTGベイト45g。

「え?逆じゃないの?」と思われましたか??

これほど小さいボディなのです。

TGベイトの使い時

では、このTGベイトはどういう時に使うと有効なのか。ということを考えてみようと思います。

Daiwaの公式サイトには以下のような事が書かれています。

「より小さいシルエットで重いジグを」というニーズに応えた高比重素材ジグ。
青物のナブラやボイルはあるのに、従来のジグでは大きすぎて食わない、かといって小さいジグではポイントに届かない。ターゲットが極小のベイトを選んで捕食しているシチュエーションで爆発的な威力を発揮する。

ということです。

正にその通りだと思います。

ただ、勘違いしてはいけないのが、小さいからよく釣れるという訳ではありません。

「小さいジグばかりを投げていると、小さいジグでしか釣れないのでは無いか」という心理になってきませんか?

要は「カタクチイワシなど、極小のベイトを捕食してる際は効きやすい」という事ですね。

後はシルエットが小さい分、小型のハタ類やガシラ(カサゴ)などもよく釣れます。

そして、比重が重いという事は、コンパクトなボディで、且つフォール速度も速いということになりますね。そう、「水深があるポイントで、コンパクトなシルエットのジグを早く沈下させたい」こんな時に役に立ちます。

アクション(動かし方)

またまたDaiwaのサイトに載っている文章ですが、「イワシを模したリアルシェイプを維持しつつも、高比重ボディをアクションさせるための左右非対称デザイン。リトリーブでは確実なスイミングアクション、フォールでは水平に近い姿勢でスライドし、弱ったベイトを演出する。」

と書いています。

なので、このジグはガンガンしゃくるよりも「フォールとただ巻きで食わせる力を持っている」のでしょう。

実際、タイラバみたくゆっくりただ巻きをされてる方が多いですね。

とはいえ、ジャークしても問題なく釣れますから、その日、そのポイントに合ったアクションを見つけるといいと思います。

なんだかんだ、私もただ巻きだけで結構いい思いが出来ています。シーバスもよく食ってきますしね。

まとめ

色々と長所を書いてきましたが、実際のところ、フィッシュイーターの活性が高い時は、「大きめのシルエットで、しっかりとフラッシングでアピールをさせてあげた方が良い事もあります」から、どちらも試してみましょう。そして、TGは素材自体が高価なため、このTGベイトも1つ1000円オーバーします。ロストは結構痛いので、トレブル(トリプル)フックをリアに付ける時は、根掛かりに十分気を付けましょう。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました