ショアからのルアー釣りは「タチウオ」が熱い【初心者にもオススメ】

今回はショアタチウオ釣りに関しての記事を書いていきたいと思います。

釣りが初心者に近い方や、バスなどの淡水釣り〜海釣りへ移行したい方などに参考にしてもらいたい記事となります。

※私は関西に住んでいるので、当記事の季節感は関西の基準で書かせて頂きます。

地域差は必ずありますので、ご自身のお住まいの地域では多少のズレが生じる事をご承知おきの上ご覧ください。

ショアからのタチウオ釣りは初心者にもオススメ

関西の釣り場では晩夏〜初冬にかけてタチウオが接岸してきます。

正確にはイワシなどのベイトが接岸するのに合わせて、フィッシュイーターであるタチウオが追ってくるというイメージです。

さらにこのタチウオを狙って、私たち人間(釣り人)がやってきます(笑

この群れで入ってきたタチウオは簡単に釣れてしまうので、とにかくアタリが欲しい、海での1匹をGETしたい!という方は狙う価値ありの魚です。また、食べてもとても美味な魚です♪

■使うルアー

基本的にバス用ルアーやシーバスルアーでも、なんでも釣れます(笑

具体的には表層〜2m程度を潜るミノー、シンキングミノー、メタルバイブ、この辺りがあれば問題ありません。

私はタチウオの活性が高いときはセットアッパーなどのミノーで表層巻きばかりです。

ルアーウエイトは20〜30gあると遠投も出来て便利ですが、足元あたりでも普通に食ってくるので、まずめ時はむしろ手返しをよくする為に遠投しないほうがいいかもしれません。

紹介したルアーも一応リンク貼っておきます。

メタルバイブは一旦底に沈めてからのリフト&フォールでも効果絶大ですが、まずめ時はカウントダウンで数秒沈めたのちにただ巻き(たまにストップを入れる)で手返しよく釣れますよ。

魚がいる時は手返しを重視してください!

■初心者に超おすすめのタチウオゲッター

タチウオゲッターってなに・・・?と思われる方もいるかもしれませんが、タチウオ専用のテンヤになります。

タチウオゲッターとは・・・テンヤというオモリ付きの大きな針に活きドジョウやイワシ、キビナゴなどのエサを取り付けてタチウオを狙う釣り方です。

下にリンク貼っておきます。

これに上記で書いた餌や活きドジョウを取り付けてキャストします。

まぁ、さすが本物の餌を付けるだけあってよく釣れます!!!

見た目は「こんなんで釣れるのか・・・?」という感じですが、めちゃくちゃ釣れるのでご安心を。

私は餌の付け替えがめんどくさいので、マルキュー(エコギア)のグラスミノーを取り付けたりもします。
これでも普通に釣れちゃいます(笑 わざわざテンヤでやる必要性もないのですが。

また、アシストフックを取り付けたり、ケミホタルを取り付ける改造があるので記事にします。

 

■釣れる時間帯

タチウオは夜行性なのですが、ルアーで狙うには朝まずめと夕まずめだけ狙えばOKです。
もちろん、夜中でも釣れるのですが、爆発力でいえば朝まずめと夕まずめでしょう。

夜間は電気ウキを付けて、エサ釣りをすると楽しめますよ。
関西の海では夜中の堤防でもタチウオ釣り師がたくさんいるので、電気ウキが並ぶ景色は風物詩となっています。

私は朝一にタチウオをサッと釣って、そのあとは違う釣りをし、昼前には帰路につくパターンが多いのですが、とにかくタチウオが接岸する「まずめの時間帯」というのは朝でも夕方でもすごい釣り人の数になります。

なので、領有権争いにならないよう、暗い時間帯から現地で場所を抑えておく必要がありません。

少なくとも関西一円ではどこの釣り場でもほとんどそんな感じでしょう。

とにかく早めに現地へ着くようにしてください。

 

■釣れる場所

基本的に回遊が確認されている場所であれば、堤防ならほぼ間違いないでしょう。

堤防の場合、内向きや外向きどちらにも投げれる場所が多いですが、どちらでも釣れます。
外の方が釣れるイメージがありますが、日によってムラがあったりすることが多いです。

あとは関西であれば、沖堤防に渡船してもらうのも一つの手です。

私が秋に行く「武庫川一文字」も関西の代表的なタチウオ、青物の釣り場です。

武庫川一文字に関しては下記の記事で詳しく書いています。

関連記事

関西の大阪、神戸の海(大阪湾)は秋になったら「青物」や「太刀魚」をターゲットに沢山の釣り人が集結します。   この時期、どこの防波堤や釣り場も大混雑するんですよね。   今回は、大混雑しながらも実[…]

他にも西宮ケーソンをはじめ有名な釣り場が神戸、大阪にはたくさんあるので、「タチウオが釣れだした」という声が聞こえ始めたら、近場の波止で狙ってみるといいでしょう。

魚が回ってくるポイントであれば、時間帯さえ間違わずに釣行したら釣れる可能性は高いです!

※朝は陽が上ったらほとんど釣れることはないので、7時頃までが勝負でしょう。

 

まとめ

ガツン!という乱暴なアタリが面白く、食べて美味しい!そんな魚がタチウオです。1m近い大物も普通に堤防から狙えてしまうので、海釣り経験の浅い方はまずは難易度の低いタチウオから狙ってみてはいかがでしょうか?
私も秋からはタチウオを狙うので、また釣果を書いていきます。

 

関連記事

今回は海釣りで大人気の「青物」(ここではブリ系やヒラマサ、サワラなどを指します)を釣るための方法と考え方を書いていきたいと思います。 この記事を読んで、少し釣り場のポイントをリサーチすればきっと結果は付いてきます。 実践すれば初心者でも[…]

 

 

>カヤック・釣り業界をもっと盛り上げていきましょう

カヤック・釣り業界をもっと盛り上げていきましょう

カヤックフィッシングをはじめ、釣りは本当に楽しい・素晴らしいアウトドアの趣味です。みんなでマナーを守り、それぞれ想い想いの魚と楽しいFishing Lifeをおくりましょう。

CTR IMG