スピニングロッドを選ぶ際のポイントと注意点

タックル

カヤックにおけるロッドの重要性

カヤックフィッシングでは陸からの釣りとは違い、魚探や目で好ポイントを見つけ、そこにジグなどのルアーを落とし込んでいくスタイルがメインとなります。(ナブラを発見した際はキャストもしますよ)

「ただでさえ狭いカヤック上」「座ったまま魚とファイトしなければならない」ので、ロッドの選択は重要になってきます。

当初、私は「バス釣りで使っていたスピニングロッドやベイトロッドも使ってやろう。バスにもソルトにも使えて一石二鳥だ〜」と安易に考えていました。

バス用ロッドの場合、陸っぱりのシーバスや太刀魚などの釣りは可能としても、オフショア(沖の釣り)に関しては別物でした。。

そこで、今回はスピニングロッドを選ぶ際のポイントを見ていこうと思います。

ロッドの長さを考える

まず、重要になってくるのがロッドの長さ。私のようなバス釣りから「釣りを覚えた人間」は、どうしてかロングロッドが欲しくなってしまう傾向にあると思います。理由は単純に「長いとかっこいい、竿全体で魚の引きを味わいたいなどなど。。」

私もカヤックに乗り始めて2,3回目までは自分なりの釣りが出来ればいい!との考えで、様々な竿を持ち込みました。

〜ここからは主観ですが〜

まず、バス釣りのロッドで標準な6フィート6インチのロッド

釣りをする上で、ちょっと取り回しがしにくいかな?程度で、そこまでストレスはかかりません。

ただ、「竿先にラインが絡みつくなど、穂先トラブルの際、カヤック上でほどくのは少し大変でした。」実際は結構ストレスが溜まると思います。

なので、7フィート以上のロッドは更に困難が予想され、魚を掛けた後のネットランディング時も、竿を立てなければならず、とても扱いにくく、ロッド破損の恐れも出てきます。

なので、私的オススメは6フィート前後となります。

無理に竿を立てることもなくなるので、ランディングもしやすいです。

私はやっぱりロング目のロッドが好みなので、6フィート4インチを使っています。特にストレスは感じていません。

メジャークラフト 3代目クロステージ ライトジギングシリーズ CRXJ-S64ML/LJ 【大型商品】

まずは最初の一本でメジャークラフトさんにお世話になっていますが、来シーズンはシマノさんの竿に移行予定です。

グリップの長さを考える

「グリップの長さ」。カヤック釣りをする上でかなりの重要素です!

カヤックフィッシングをする前はオフショアの釣りをした事がなかったので、そこまで深く考えていませんでした。

「よし、使わずに眠っているバス用のロッドを使おう。」と張り切って持って行った時のこと。

40cm位のエソがシマノのスピニングバスロッド「エクスプライド65ML」にかかったのですが、グリップの短さに泣かされます。

竿がそこそこ長めな割に、グリップが短いので、「魚のパワーを堪えるのに手の力のみ」に頼るしかありません。

オフショアのグリップは脇の下にホールド出来るように長くなっていますが、それがよ〜く解る結果となりました。

脇にホールドすることで、魚の引きも堪えることが出来、ファイトも更に楽しくなりますよ。

カヤックフィッシングはまだまだ人口も少ないので、最初は周りに聞ける人もいないことがほとんどでしょう。このように、自分で体で経験して覚えていくのもいいかもしれませんね。

ロッドの硬さ

ロッドの固さに関しては、各々の海域や好みによって変わってきますが、私はちょっと固めな竿が好きです。

カヤックの釣りでは青物もターゲットに入っているので、ある程度のバットパワーが必要となります。しかし、沖の釣りで、障害物が無いようなところであれば、ドラグを出して楽しむのもこの釣りの面白いところです。

ちなみに、私のよく行くフィールドは海中にロープが張られている場所や、根が荒いポイントも多いので、割と強引にファイトしなければなりません。このような場合は固めの竿を選んだほうが良いでしょう。

とはいえ、「軟竿を根元から曲げて、魚の引きを存分に味わう」のも楽しいですよ。私も金銭的な余裕が出来たら、軟竿もほしいところです。

まとめ

私のように「最初の一本を安く始めたい」という方や「水没や破損が心配な方」は上記で紹介したメジャークラフトの「CROSTAGE CRXJ-64ML/LJ」やシマノの「グラップラーbb S-632」なんかがおすすめになってきます。参考までに。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました