カヤックフィッシング【ロッドのテーパー選び】用途で使い分けましょう

カヤックフィッシングでもっとも大事なことの1つ。

 

それがロッドの「長さ」や「テーパー」について。

 

特に決まったルールはありませんが、陸っぱり(ショア)の釣りのような選択肢はありませんので

 

今回はカヤックフィッシングにおける【オフショアで選ぶロッドの基準】を書いていきたいと思います。

 

 

✔︎ 当記事の内容

 

・カヤックからの主なジギング(種類別)

・オフショアロッドのテーパーについて

・おすすめのオフショアジギングロッド

 

 

カヤックからの主なジギング(種類別)

 

まずは、カヤックから出来る一般的なジギングについて知っておきましょう。

 

当然、マグロのような怪物級の魚を狙うような人はいないでしょうが、ブリをはじめとした大型青物やロックフィッシュなどは最高のターゲットとなります。

 

以下がカヤックから出来る範囲のジギングです。

 

・スーパーライトジギング・・・主に50g位までのメタルジグを使用

・ライトジギング・・・主に100g位までのメタルジグを使用

・ジギング・・・主に100〜200g程度のメタルジグを使用

・スロージギング・・・40g〜数百g

 

ちなみに私はメタルジグは80g位までしか使わないので、ライトジギングをメインとしています。

 

100m以上の深場を狙い方はディープジギングとなりますが、カヤックで深いところを攻めるのは結構大変だと思います。

ジグがフォールしてる間にカヤックも相当流され、ジグの着底・巻き上げだけでもかなりの時間と労力を要します。

 

私のおすすめはなんと言っても

 

水深50m位までのライトジギングです。

 

 

ほぼ8割の方がやっているカヤックフィッシングだと思います。

 

手返しを重視した釣りをする場合は、上記の水深50m以内で100g以内のジグを扱う釣りがいいのではないでしょうか。

 

 

・スロージギング

上でも紹介したスロージギングですが、やり方は通常のジギングのように速巻きでしゃくるのではなく、リーリングとロッドの反発力を使ってジグをアクションさせるという釣り方になります。

これはまた別で記事を書きますが、近年では専用ロッドが出ていたりと、よくやられる釣り方でもあります。

底に張り付いた、やる気のない魚などにも食わせやすいテクニックになるので、技術として覚えておいて損はないでしょう。

 

 

カヤックフィッシング オフショアロッドのテーパーについて

 

 

テーパーとはいわゆる「竿の調子」のことで、竿のどの部分から曲がっていくかを表す基準となります。

この辺りは皆さんお詳しいでしょうから、細かな詳細は割愛させて頂きます。

 

ファストテーパー・・・竿の先端、ティップのあたりから曲がっていくロッドのことです。キャストやアクションがつけやすい。
レギュラーテーパー・・・竿のややティップ側、ベリーあたりから曲がっていくロッドのことです。上のファストテーパーに似たような特徴です。キャスティングの釣りと相性がいいです。
スローテーパー・・・竿のバット側から曲がっていくロッドのことです。かけた魚をバラしにくい。

 

さらに、これらのテーパーに加えて、弾性というものが関係してきます。

 

・高弾性・・・シャキッとしたロッドフィーシングで、ジグを機敏に跳ね上げ、シャープな動きをさせるのに向いています。私は高速巻きで手早く探る釣りが好きなので、高弾性ロッドは大好きです。

・低弾性・・・振っただけでもしなるような、柔らかいロッドフィーリングです。こちらはシャープな動きよりもヌメヌメとした動きをさせるのに向いています。また魚もバレにくいというメリットもあります。

 

まさに高弾性の「剛」と低弾性の「柔」といった感じですね。

 

上にまとめたように、基本的にジギングはジグを着底→しゃくるを手返しよくとこなしていくものなので、

 

大半のオフショアジギングロッドは「ファストテーパー〜レギュラーテーパー」で発売されています。これは、竿先でのアクション操作がつけやすく、キャストもしやすいためです。

 

スローテーパーのロッドはキャスト時もグニャとなるので、少々投げづらかったりもします。

ただ、上の表でも書いたように、魚のバラし軽減に繋がったり、着底したジグの初動を抑えたりする操作はやりやすいといえます。

 

・ロッドの選び方

いわゆる、しゃくって釣るようなスタイルであれば、レギュラ〜ファストテーパーのロッドで機敏に魚を誘って狙いましょう。

というよりかは、カヤックフィッシングをするなら1本は持っておきたいところですね。

 

バランスよくロッドを用意したいのであれば、「スピニングはファーストテーパー」、「ベイトはスローテーパー」と分けてしまってもいいと思います。

 

 

次に、おすすめのオフショアロッドを数本紹介しておきます。

 

他の記事でもロッドの紹介はしているので、よければ見て診てください。

 

✔︎ ロッド紹介の関連記事

 

関連記事

先日、某ネット釣り具屋さんでポイント還元祭りをしていたので、無くなる前に!と思いポチッとしてしまいました。 それは、村田基さんプロデュースの 「ワールドシャウラ 1651FF-3」 とても美しいロッドです。 以下、私のYOU[…]

 

 

おすすめの【カヤックで使うオフショアジギングロッド】

 

それでは、カヤックフィッシングで使うのに最適なオフショアジギングロッドを紹介していきます。

 

まず、私が特におすすめしたいのは「シマノ ワールドシャウラ」です。

 

シマノのカタログを見ても分かりますが、「フリースタイル」というジャンルに分けられています。

 

つまり、ほとんどの釣りに対応するロッドなんですね!

 

ガイドも大きいので、PEとリーダーの結束部が気になる事もないのでマジでおすすめです。

 

以下、ベイトになりますが私の特におすすめするロッドです。

 

・ベイトロッド

 

私も使っている、1651FFです。ファーストテーパーでありながら、ブランクス自体はとてもよく曲がり、粘りのあるロッドです。

青物からシーバスまで、30〜50g前後のジグ、タイラバを使ったカヤックフィッシングで大活躍できるロッドです。

他、バスフィッシングの巻物にも最適です。

 

そして、次のロッドは大物ハンターなら持っておきたい1本です。

1604-SSですね。これも4番パワーながら、しっかりとした粘りを兼ね備えていて、大物をパワーリフティングであげる強さを持っています。10kgオーバーのブリやヒラマサを狙うかたはこれでしょう。

 

・スピニングロッド

 

近海の8kg程度までの青物をターゲットにした1本。グラップラーシリーズは性能と値段のバランスがとれていて、とてもおすすめなロッドです。

 

こちらは私が使っているタイプLJの1番パワーです。これでも60cm位のヒラマサは獲れます。

しっかり曲がって、シャープに動かせるのでとっても気に入っています。

 

ジギングロッドとして大人気の「ヤマガブランクス」。とても高感度で、ジグを追ってきた魚のまとわりつきまでを手元に伝えてくれる!ワンピッチ〜コンビネーションジャークまで幅広く使えるバーサタイルな1本です。

 

ダイワの高級ジギングロッド。レスポンスによってロッドを使い分けるコンセプトを提唱するダイワの2020年ニューモデル。
浅場で必要になってくるジグのキャスティング、浅いが故に斜めに引くことで効率よく探る釣りにおいてのアドバンテージを持たせた一本。カヤックフィッシングにおいても間違いのないロッドですね。

 

メジャークラフトの本気ロッド!1万円台なのに、とても豪華です。ローレスポンスなアクション、ファイト時には強靭なバットで粘ってくれる『GXJ-S63ML』をピックアップ。さらに重ためのジグを扱う場合はMHパワーでもありですね。

 

近年、オフショアにも力を入れ出している「ジャッカル」のロッド。シリーズの中心的なモデルであり、ショートジャークからロングジャークまでオールマイティにこなす、近海青物ジギングに最適なモデル。

 


 

上記のような感じで紹介させて頂きました。

私的には、青物ジギングであれば「ドラグ性能が優れているスピニングタックル」で狙うことをおすすめしますが、フォールの釣りであったり、リールのトルクをフルに活かしたいという釣りではベイトもいいでしょう。

 

上記で紹介したロッドはどれも優秀なので、あとは好みとお財布に相談をして決めたらと思います。

 

まとめ

カヤックフィッシングでは主にスーパーライトジギング〜ライトジギングあたりをカバーできます。

ロッドも適したものを使うことでストレスなく釣りに集中できるので、ご自身の釣りにあったものを選ばれるといいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

>カヤック・釣り業界をもっと盛り上げていきましょう

カヤック・釣り業界をもっと盛り上げていきましょう

カヤックフィッシングをはじめ、釣りは本当に楽しい・素晴らしいアウトドアの趣味です。みんなでマナーを守り、それぞれ想い想いの魚と楽しいFishing Lifeをおくりましょう。

CTR IMG