カヤックのパドルはケチったらあかん!!!漕ぎ心地がUPするパドルの紹介

今回はカヤックフィッシングには欠かせないパドルについてです。

いくつかのカヤックには、はじめからパドルがセットであったり、お店がおまけで

付けてくれることもあると思います。

 

本当の初心者の間はその付属パドルでいいと思いますが、今現在で

買い替えを検討されている方や重さにしんどさを感じてしまっている方は是非見て見てください。

 

>パドルの選び方のまとめ記事はこちらをお読みください

パドルで変わる 「釣りの快適さ」

 

私の最初に買ったカヤックにはアルミパドルが付属していたので、当初はその付属品で
カヤックフィッシングをしていました。

それがこちら。

      

 

 

ストリームジャーニーさんのオリジナルのアルミパドルです。

こちらはamazonなどでも単品販売されているのですが、4000円ちょっとのパドルです。

ちなみに、長さは約225cm で本体重量は970gです。

1kgですが、アルミパドルなのでこれ位の重量でも納得ですね。

 

コスパに優れているので、値段相応の働きは十分にしてくれます。

さて、それでは何故私が買い換える必要になったのか。

長距離ツーリングをするのかどうかがキー

 

カヤックフィッシングをする方は少なくとも多少なりとも沖に漕ぎ出ますよね??

 

私も場所によりますが、釣りをする際は出艇ポイントから20分位は漕いで、
水深があるポイントに釣りをしながら向かいます。

 

その際、1kg近いパドルで漕いでると徐々にしんどくなってくるのが分かるんですよね。

 

最初は体力も満タンなので感じにくいのですが、数時間後や帰着のために岸に向かう時の
パドリングは本当にしんどい・・・。たかが1kgが鉄の棒で漕いでる感覚になってきます。

 

まぁ、そのために日頃から体づくりをしている人は大丈夫かもしれませんが、
私みたいに運動不足のオヤジには結構しんどいんですね。

 

そこで、私は体力節約のためにもパドルの購入を決意しました。

重量ではカーボンパドルに軍杯

さて、私が購入したパドルはこちらです。

マーシャスフルカーボンパドル。

カーボン素材は岩などの固いものにぶつけたりすると破損の恐れもありますが、

何よりも軽量で長距離ツーリング(パドリング)には最適な素材です。

他にもグラスやカーボン&グラスなどもありますが、大体が800g後半の重量ですが、
フルカーボンパドルは700g代の本体重量

 

この100g以上の違いが、カヤックフィッシングにはかなりの差があると思っています。

 

疲労感はもちろん、ポイント移動の際も軽いので回転数を上げやすいです!

 

ただ、残念なことは私が使っているマーシャスのフルカーボンパドルはどこを見ても
在庫がないんですよね・・・。

 

フルカーボンで26000円位だったので、在庫があるタイミングで購入できてラッキーでした。

他にもkayak55さんをはじめ、カヤックの取扱店には他メーカーの在庫はありますので
是非見てみてくださいね。

 

アルミパドルは近距離ツーリングやハードな地形の場所で

 

やはり重い分、長距離を漕ぐのには向いていない「アルミパドル」。

しかし、強い素材なだけあって、出艇の際にパドルで岩を押したいとか
多少ラフな扱いや無理ができてしまいます。

 

それすなわち、初心者の間には向いているパドルだと思います。

私も5,6回しか使っていませんが結構な傷が付いていたので、はじめの頃は雑な扱いをしていたんだろうな。と思います。

 

カヤックフィッシングに少し慣れてきたかな?と思ったのであれば、

まずはパドルの買い替えを検討してみてはいかがでしょうか?

 

体力の消耗が変わってくるので、釣りを終えた後のしんどさも違いますよ(笑

 

↓以下は私が書いた釣り動画チャンネルのまとめ記事です。

>サブスクでおすすめな【完全無料】で始められる釣りチャンネルの紹介

まとめ

カヤックは本体もお金がかかりますが、パドルにも投資をすることで更にカヤックの良さが活きてくると思います。なので、2万円前後でアルミパドルを買うのであれば、後1万円追加してフルカーボンパドルを購入することをお勧めします。その代わり丁寧に扱ってあげてくださいね。

 

>カヤック・釣り業界をもっと盛り上げていきましょう

カヤック・釣り業界をもっと盛り上げていきましょう

カヤックフィッシングをはじめ、釣りは本当に楽しい・素晴らしいアウトドアの趣味です。みんなでマナーを守り、それぞれ想い想いの魚と楽しいFishing Lifeをおくりましょう。

CTR IMG