カヤックフィッシングで使えるおすすめのベイトリール[8選]

カヤックフィッシングではスピニングタックルはもちろん、パワーのあるベイトタックルも人気があります。

しかし、メーカーや価格帯は色々あるし何を選べばいいか悩むところ・・・。

 

今回は初級者〜上級者まで、カヤックアングラーに特に人気の高いリールを紹介したいと思います。

コスパに優れたものからフラッグシップまで幅広くご紹介します。

 

>カヤックフィッシングにおすすめのスピニングリール8選の記事はこちらです。

 

ーカヤックフィッシングに使える!人気ベイトリールまとめー

 

◆ベイトリールの使いどころ◆

まずはベイトリールの使い所ですが、主に真下に落としていく釣り(バーチカルともいいます)で使います。

 

ルアーの具体例を挙げていきます。

・タイラバ

・オモック(錘にアシストフックを付けただけの仕掛けです)

・ジグでももちろん使用可能です

 

メタルジグはスピニングでも使いますが、タイラバやオモックなどの真下にストンと落とし、巻いてくる釣りにはベイトタックルが向いています。

また、シーバスなどフォールで食ってくる魚にも直ぐにアワセを入れる事が出来るので、便利です。

 

それでは、オススメできるベイトリール8選をみてみましょう。

 

↓以下は私が書いた釣り動画チャンネルのまとめ記事です。

>サブスクでおすすめな【完全無料】で始められる釣りチャンネルの紹介

ーオススメのベイトリール[8選]ー

 

はじめに書いておきますが、ルアーフィッシングにおいてはエクストラギアが最適解だと思っているので、PG(ローギア)はこちらでは紹介致しません。というか、ジギングでPGはそもそも速巻きができないので買う人はほとんどいないとは思いませんが、念のために書いておきます。

1. アンタレスDCMD XG(シマノ)

私も使っていますが、海でもバス釣りでも共用でき、尚且つ糸巻き量が多い点が最大のメリットです。
最近のベイトリールはコンパクト化な方向になっているので、糸巻き量が豊富なのは大変助かります。

私はPEライン2号を200m巻いています。

パワーも申し分なしです。青物もシーバスもこのリールのパワーとドラグで仕留めてきています。

 

2. オシアコンクエスト リミテッド(シマノ)

まず、個人的に見た目がめちゃくちゃかっこいい・・・丸型リール好きには堪らないですよね。

そして、このオシアコンクエスト リミテッドはフォールレバーなるものが付いています!

どういうことかというと、「タイラバなどのフォールスピードを操ることができるということ」です。
なので、ゆっくり落としてしっかり真鯛に見せて、フォール後の巻き上げで食わす!というような動作もスムーズに行う事ができます。

また、ドテラ流しで軽いジグヘッドなどを使い、フォールレバーにてテンションをコントロールすることも可能。そうすることで、ボトム付近だけをじっくり攻める事が可能になります。

これ、見た目も含めマジで欲しいです・・・。こちらもPE2号を200m巻けます。

 

3. グラップラー(シマノ)◆コスパ・性能のバランスがいい

コスパに優れた素晴らしいリールです。ロッドは私も愛用していますが、カヤックフィッシングはリールから竿まで全て「グラップラーシリーズ」でいいと思っています。本当に中堅のいいシリーズです。

もちろん、マイクロモジュールギア搭載・高剛性・高耐久です。ロープロリール好きには堪りません。

糸巻き量:2号380m

 

4.グラップラーBB(シマノ)◆コスパがgood 初心者にもオススメ

グラップラーの弟分(廉価版)のグラップラーBBも圧倒的コスパを誇ります。素材はCI4+という剛性に優れたリールです。もちろん、中型青物〜真鯛、タチウオなど様々な魚種に対応します。そして、185gという自重はお子さんや女性にも扱いやすいですね。(2020年現在時点では少し古いリールになります)

糸巻き量:2号200m

 

5.炎月(シマノ)◆タイラバ用

シマノの両軸リールでタイラバ機といえば、この「炎月」でしょう。マイクロモジュールギア搭載、高剛性のHAGANEボディが快適にあなたの釣りをサポートします。エキサイトドラグサウンドも付いているので、魚の引きを耳でも楽しむ事ができるモデルになっています。当然、HGがオススメです。

糸巻き量:1号200m(タイラバ機なのでこれでOKでしょう)

 

6.ソルティガ BJ (ダイワ)

マグシールドやATD(魚の引きに合わせ、滑らかに追従する新世代のドラグシステムです)搭載の最高峰リールです。

高剛性のボディで耐久性を強く謳っているいるリールです。糸巻き量も2号を250mも巻ける、大物を視野に入れたリールです。見た目も丸型がかっこいいですね〜!

糸巻き量:2号250m

 

7. 19キャタリナ(ダイワ)

漆黒ブラックがロッド同様にカッコいい!キャタリナシリーズのリール版。オフショア向けのレベルワインダー無しのモデルとなります。ハイパーデジギアやATDドラグなど、かなり基本性能が高めなコスパリールです。さらにハンドル一回転あたり99cmも巻き取ってくれるスーパーハイギアモデルですね。

糸巻き量:PE2号500m

 

8.キャタリナBJ (ダイワ)◆コスパgood

手のひらにすっぽり収まるパーミング性能とアルミの軽量ボディ。かつ堅牢ボディとのことでかなりオススメなダイワのリールです。見た目も丸型でかっこいいうえに、ハンドル一巻きあたりの巻き取り長さも81cmとそこそこあります!
タイラバはもちろんのことジギングでも活躍できるリールです!(2020年現在、少し古い型のリールです)

糸巻き量:2号250m

 

上記の商品は全てシマノとダイワの2大メーカーのみですが、正直、このどちらかのメーカーで選んでおくのが無難だと思います。実績・信頼のあるメーカーが確実でしょう。

 

SHIMANO ホームページはこちら

DAIWA ホームページはこちら

 

 

まとめ

今回はカヤックフィッシングでも人気のリールを8つほど紹介しました。あとは糸巻き量など、個人の釣りと照らし合わせた上で購入検討をしてくださいませ。個人的にはPE2号を200m以上巻けるリールがいいと思っています。

>カヤック・釣り業界をもっと盛り上げていきましょう

カヤック・釣り業界をもっと盛り上げていきましょう

カヤックフィッシングをはじめ、釣りは本当に楽しい・素晴らしいアウトドアの趣味です。みんなでマナーを守り、それぞれ想い想いの魚と楽しいFishing Lifeをおくりましょう。

CTR IMG