ルアーのカラーで釣果は変わるのか【私の主観&経験だけで語る】

釣り人の間でよく話題になる

 

「ルアーの色の話」

 

みなさんはどう考えますか??

 

これに関しては、「正しい」、「間違い」とかよりも魚に聞いてみないと分からないのですが、私の経験と憶測でひたすら書いていきたいと思います。

 

✔︎当記事の内容


・魚がよく釣れる色は存在するのか

・私が使用するお気に入りのカラーたち

・バス釣りのワームについて


 

魚がよく釣れるカラーは存在するのか

 

結論として、まず、魚がよく釣れるルアーがあるのかは私にもわかりません・・・(笑

 

ただ、私の釣り人生の中で、一番歴が長いのが「バス釣り」であり、その歴史の中では確かに

 

「この場所では」このカラーがよく釣れる!というのは感じていました!

 

そう、大事なのは「この場所」の部分なのですが、よく行く野池ではこの色が釣れるな〜というものが存在し、逆に全然釣れないやん!というのも存在しました。

 

バス釣りにおいて私がよく釣っていたルアーのカラーは

 

「キンクロ系」です。

 

逆に全然釣れなかったのが

 

「チャート系」です。

 

私の学生時代(2000年ごろ)は「マットタイガー」や「チャート系」のルアーは大流行していて、それこそ全く店頭で買えなかったんです。

 

なので、頑張って手に入れた時は嬉しかったりもしたのですが、いざ釣りに使ってみると・・・

 

あれ?いつもここで釣れまくってるグリフォンSR-Xが全然釣れない・・・。

 

カラーをモロコ(だったかな?)ナチュラルなフラッシングが効くものに替えると、やっぱり釣れる。

 

そんなことが結構続いて、私の中でチャートはあまり釣れないカラーという意識になりました。

 

誰しもがそうだと思うのですが、自分がいい思いをしたカラーというのは脳にインプットされますから、私の中で、それがアユカラーであったり、シルバー系、ゴールド系のルアーでした。

 

ちなみに、早朝はクロキンの(ノトス)レッドペッパーをひたすら投げ続けていましたね〜。

 

今もまだ手元にありますが、傷だらけのレッドペッパーは本当によく50upのバスが釣れました!!

 

 

ということで、この章でお伝えしたかったことは、私的には

 

「そのポイントで強いカラー」というものは存在するんじゃないか。ということです。

 

✔︎参考記事

 

>>バス釣りにおすすめのバーサタイルロッドの紹介記事

 

私が使用するお気に入りのカラーたち

 

現在はほとんどバス釣りはしなくなってしまったので、今度は海のフィッシュイーターに焦点をしぼって話を進めていきます。

 

結論として、海の釣りをしていて思うのが

 

「しっかりフラッシングするルアー」がいいですね。

 

特にターゲットの一つである、サゴシ・サワラなんかは光るものが好きなので、私自身もトゥイッチによるフラッシングでアピールして食わせることが多いです。

 

そして、フラッシングを混ぜながらの高速巻きが重要です!

 

私はエクストラハイギア(XG)のリールを使っていますが、それでも高速巻きをして食わせます。

実際、どれだけ早く巻いても、青物なんかはすぐに追いついてパクッと食ってきます。

 

なので、メーカーによってカラー名は違いますが

 

「シルバー系&ゴールド系」

 

この2大柱で巻物ルアーは揃えています。

 

というか、海のルアーは大抵フラッシングするものがほとんどですよね。

 

カラーが「アジ」とか「イワシ」とか「サバ」とかあっても、根本的にはシルバーなので、そこは好みで買えばいいですよ。

 

さて、2020年9月現在、関西の釣り人はそろそろ青物と太刀魚の準備を始め出します。

そこで、いつも紹介しているおすすめルアーも店頭からごっそり無くなっていきますよ。

 

早い目に欲しいカラーはGETしておきましょう。

 

ダイワのセットアッパーです。

 

私は5色くらい持っていますが、やっぱりクロキンが好き。あとはレッドヘッドがよく釣れています。

 

✔︎参考記事

>>関西で大人気の爆釣ルアー・セットアッパーとは

 

バス釣りのワームについて

 

バス釣りのワームに関しても私は凄くこだわりがあるタイプでした。

 

特にゲーリー製品が大好きだったのですが、

 

まず、ヤマセンコーでは「バブルガムピンク」しか使っていませんでした。

視認性が良すぎるし、それゆえ、バスが食った瞬間もわかりやすくて、とてもいい思い出があります。

 

他はプロブルーやパープル系のものも使っていましたが、定番のウォーターメロンやグリパンはあんまり使わなかったですね。

 

今では、そこまでのこだわりが無くなりましたが、やはりサイトフィッシングに視認性は重要ですよね。

 

まとめ

今回はルアーのカラーと釣果の話をしてきましたが、結局は答えのない部分な気がしてきます。ポイントやその日の状況によって魚の反応も変わってきますし、何よりは自分が投げていてモチベーションが上がるカラーを使うことが大事です!釣りはほとんどの人が仕事ではなくて趣味なんですから、1日を存分に楽しむために、タックルやルアーはお気に入りのもので臨むのがいいですね!

 

関連記事

2020年現在、テレビという媒体は人気が低迷し   「いつでも、どこでも好きな時に、好きな映像を観れる」サブスクが流行っています。   ※サブスクとはサブスクリプション方式の略称でビジネスモデルの1つ。商品ごとに[…]

 

 

 

 

 

>カヤック・釣り業界をもっと盛り上げていきましょう

カヤック・釣り業界をもっと盛り上げていきましょう

カヤックフィッシングをはじめ、釣りは本当に楽しい・素晴らしいアウトドアの趣味です。みんなでマナーを守り、それぞれ想い想いの魚と楽しいFishing Lifeをおくりましょう。

CTR IMG