魚探でベイトの群れを発見!フィッシュイーターたちはどこに潜むか・・・

釣り雑学

誰もが熱くなる魚探に映る「ベイトの大群」!!

ショアからの釣りに置き換えると「ナブラ発生に近い高揚感があります」。

当然、ベイトの群れが映ればフィッシュイーターが周りにいる確率はグンと上がるので、必ず狙い撃ちをしたいところです。

さて、今回はそんなベイト魚群を発見した時の攻め方を考えてみましょう。

青物はどこに潜むのか・・・

最初から答えを書いてしまうようですが、基本青物などのフィッシュイーターはベイトの群れがいて、その少し下のタナからベイトを狙い撃ちします

上昇して食べて、またまた上昇して食べて・・・の繰り返しで捕食を行うわけです。

当然ジグのフォールを見つけて、着底まで追いかけてることもあるので、その場合はやる気スイッチさえ入ってしまえばシャクった瞬間に食ってくることも。

なので、私も以前は「ブリっ子やヒラマサなどの青物はどのタナが好きなんだろう?」と思っていましたが、結局のところベイトのタナに合わせて回遊するといったほうが正しいのかもしれません。普通に水深100m位は楽に動き回れるそうですからね。

マグロに至っては水深300m位でも上下できるというので驚きです。

しかし、それでも食ってこないことも

さて、そんな激アツな魚探反応を見つけても食ってきてくれないこともあります。

色んなタナに不規則に現れるベイト群ですが、管理人の場合は釣れなければジグを一旦底に落とします。それは、魚探の反応が中層にあってもです。

そうすると、底で「弱ったベイトや落ちてくる肉片(おこぼれ)を待ってる魚が釣れてくることがよくあります。」例にとるとガシラ(カサゴ)やハタ類、真鯛、イサキ、ホウボウなどでしょうか。

なので、ベイトの層で青物がHITしてくれない場合は底もがっつり狙ってみましょう。
思わぬお土産がGETできるチャンスかもしれません。

青物が食ってるベイトのサイズを知る

さて、次は重要となってくる「ベイトのサイズ」です。

こればかりは海域や季節によってフィッシュイーター達も食べるものが変わってきます。
ナブラの時もそうですが、投げるルアーは極力「その場のベイトのサイズに合わせる」ことでバイトに持ち込める確率がグンと上がります。

特に小さいベイトを捕食している場合なんかは「マイクロベイトパターン」でTGベイトのような小型のジグやジャークソニックローリングベイト(WaterLandの幻ルアー)のようなミノー系がいかもしれません。

小型の飛距離が出にくいルアーでも「カヤックの場合は自分で漕いでポイントへ近づけるのがメリット」ですよね。

いかんせん、小型のベイトを捕食している時や、水深が深いけど素早く小型のジグで探りたい時はTGベイト様しかおりません

【メール便可】ダイワ 【高比重タングステンメタルジグ】TGベイト SLJ 45g
created by Rinker

水深30〜40m位の水深でしたらTGベイトは60gまで持っていれば大丈夫でしょう。
(潮が激流な海域でなければです)

魚探からベイトが通り過ぎてしまったら

魚探映像で一人ヒートアップしても、魚が移動してしまったり、自分の船が流されることで「画面から魚達が全く映らなくなる現象」が必ずおきます。

激アツな映像ほど、釣れずに通り過ぎてしまうと悲しいですよね・・・

そんな時は、今自分が流した(流された)ポイントをもう一度漕いで戻ってみましょう
不思議なことにまたまた同じ画像が出てくることが多いです。

「意外にも、一度魚が映ったポイントは改めて通ってもまた写ることが多い」のです。

魚探に反応があったけど、結局釣れなかったという場合はぜひ試してみてください。

まとめ

結局のところはナブラと同じで、どれだけ規模の大きいベイト群とそれを追うフィッシュイーターが映っても、釣れない時は全〜く釣れません。そんな時は粘るもよしですが、新たなポイントへ行くのも手ですね。それにしても魚探を使った釣りの楽しさはやめられないです。

私の使っているHONDEXの5型ワイド液晶ポータブルプロッタ魚探 PS611ーCN初心者の方に特に本当におすすめです。小型ながらに「全国詳細地図が入っていたり」「電池での連続使用も8時間」「地図、魚探画面をボタン一つで切り替え、または同時に表示も可能」などなど便利な機能満載です。はじめの一台はケチらずにこの魚探を選んでほしいですね。

★即納!NEWモデル【HONDEX・ホンデックス】【NEW】PS-611CN 5型ワイドカラー液晶ポータブルGPS内蔵プロッター魚探
created by Rinker

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました