カヤックフィッシングで使えるおすすめのスピニングリール【8選】

カヤックフィッシングでは必要不可欠なスピニングリール

 

真下に落とすだけの釣りではベイトリールでも十分なのですが、キャスティングにも有利なスピニングリールは
必要な場面がいくつもありますよね。

 

当記事ではカヤックでスピニングリールを使うメリット・おすすめの商品紹介をしたいと思います。

 

スピニングリールを使うメリットとおすすめ商品

 

スピニングリールを使うメリットはいくつか挙げられるので、以下にまとめてみます。


◆ドラグが優れている

→ベイトよりもはるかにドラグ性能がいいので、よく走る青物などはスピニングでいなしてキャッチすると気持ちいい!

◆キャスト性に優れている

→ベイトリールに比べてバックラッシュ率が低いので、カヤックフィッシングにおけるキャスティングでは有利

◆ドラグ音が気持ちいい

→最近はベイトリールも音が搭載されていますが、やはりスピニングのドラグ音はたまりませんよね。

◆糸巻き量も豊富

→私がメインで使っているステラC5000XGはPE2号が300m巻けます。


私は上記4点を特に意識しています。

特に私のブログで登場するまさひら君(ヒラマサ)はよく走るので、スピニングリールのドラグを存分に利用して釣り上げたいですね。

 

 
まさひら君
オイラのことだな。ハマチよりもさらに引くよ〜〜〜!
 

カヤックフィッシング 人気のスピニングリール8選

 


1. ステラ C5000XG (シマノ)

確かに高い・・・圧倒的なお値段なんですが、一度使うともう後戻りできません。これからもNEWステラが出るたびに私は絶対に買い換えることになりそうです。それくらい満足度と中毒性の高いリールです。

カヤックフィッシングで狙う魚たちはこのC5000番クラスのリールがいいと思います。C3000も持っていますが、最近カヤックでは使っていません。


2. ツインパワー C5000XG

2020年に発売された、シマノの代表的リールのひとつツインパワー。

正直、カヤックフィッシングにおいては、バランスも取れていて価格も4万前後、このリールでいいと思います。
青物とも普通に格闘できますし、堅牢性もあるのでパワフルなファイトが可能です!

カヤックフィッシングにおいては海水がリールにかぶる場面もあるので、ステラはちょっとなぁ・・・という方はツインパワーの一択でしょう。


3. ヴァンフォード C5000XG ※2020年10月発売予定

発売次第にリンク貼ります

C5000番でも自重が220gという軽量で、PE2号が300m巻けます。他にもマイクロモジュールギアⅡやサイレントドライブ、Xプロテクト、ロングストロークスプール(飛距離にも関係する)などなど、機能面も素晴らしいリールです。
実売はおそらく2万円代後半です。


4.ストラディック C5000XG

何よりもコスパを求めるのであれば、ストラディックがいいでしょう。実売2万円前後なので、ステラの1/3ほどの価格で買えてしまいます。ただ、この価格帯はカヤックフィッシングでハードで使うことを考えると、ちょっと心配かなぁ・・・とは思いますが、普通に中型青物クラスまでは問題ないでしょう。

バス釣りでも人気のリールです。


5. アルテグラ C5000XG

 

ストラディックよりもさらにコスパを優先させたいのであれば、アルテグラはいかがでしょうか?2017年のモデルとなってしまいますが、悪くはない選択だと思います。実売は15000円を切ります。

昔のバイオマスターシリーズの流れのリールなので、値段の割に使いやすい印象です。カヤックフィッシング初心者にもストラディック同様、おすすめですが耐久性に不安はあります。


6. キャタリナ 4000H

自重が435gとちょっと重量級のリールになりますが、カヤックフィッシング以外にもオフショアの釣りにぴったりなリールです。PE3号が300m巻け、リール1回転のライン巻き取りも102cmとエクストラハイギアです。2016年製なので、新しいモデルを待つのもありです。


7. イグジスト LT4000-CXH

シマノのステラ同様、最高級リールです。値段も高いですが、所有欲を満たしてくれます(笑
見た目も美しいですよね。私がダイワのリールを買うなら分割払いにしてでもイグジストを買います!

糸巻き量はPEライン2号170mとちょっと少なめですが、150m巻ければいいよ!という方はおすすめです。


8. ブラストLT4000-CXH

25000円程度で買える初・中級者向けのリール。価格と性能のバランスがとれたおすすめなリールです。

こちらもイグジスト同様、糸巻き量はPE2号が170mです。


 

今回もベイトリールのおすすめ同様、シマノとダイワの2社のみです。竿はまだしも、リールに関してはこの2大メーカーから選んでおけば間違いないんじゃないかな。と思っています。

>ベイトリールのおすすめ8選の記事はこちらです

 

まとめ

釣りにおいて一番使われる「スピニングリール」。カヤックフィッシングではPEラインを使うことからスピニングタックルは1つ持っていると重宝します。(ベイトでキャスティングするとバックラッシュしたらThe・Endです)

購入を検討されている方は当記事をぜひ参考にしてみてください。

 

>カヤック・釣り業界をもっと盛り上げていきましょう

カヤック・釣り業界をもっと盛り上げていきましょう

カヤックフィッシングをはじめ、釣りは本当に楽しい・素晴らしいアウトドアの趣味です。みんなでマナーを守り、それぞれ想い想いの魚と楽しいFishing Lifeをおくりましょう。

CTR IMG