クーラーボックススペース「忍」&「コンダクター10」で比較

カヤックフィッシングを海でやる方は、釣った魚を持ち帰ることが多いと思いますが、
そのためには当然「クーラーボックス」が必要になってきます。

私は2艇(忍とコンダクター10)しか乗っていないですが、「忍」ユーザーは特に多いでしょうから記事に起こしました。

参考程度に見て頂き、ぜひクーラーボックス購入の参考にしてみてください。

※参考動画もUPしたので載せておきます。

【クーラーボックスのスペースを考える】

まず、クーラボックスを置くのはスターン側(自分の後ろ)のスペースになると思うのですが、

「忍」と「コンダクター10」の収納スペースを見てみましょう。

まず、魚が入っていますが「忍」。※ちょっと見にくいので、後日写真替えます。(ぺこり

 

そして、「コンダクター10」

 

カヤックの収納スペースは結構特殊な形状をしているので、寸法が計りづらく今回は私の使用しているクーラーボックスを目安とします。

ちなみに、使用しているクーラーボックスは「シマノ スペーザベイシス250」です。

●サイズ●

自重:5.5kg

容量:25L

内部寸法1:220×500×230mm(中央値)

外部寸法1:305×657×320mm(中央値)

保冷能力:I-CE値45h

その他特徴1:ペットボトル500mlが21本入ります。

結論

上記のサイズ表の「外部寸法」を参考にしてもらいたいのですが、まず結論から申し上げると・・

「忍」には綺麗に納まらないが、「コンダクター10」には納まる!ということです。

カヤック本体の全長でいうと「忍」の方が40cm長いのですが、「クーラーボックスを置く」という点に関して言えば、「コンダクター10」の方が優れています。

というのも、「忍」は底に向かって狭まっていく形状をしているので余計なのだと思います。

なので、他の方のクーラーボックスを見ていますと20L程度のクーラーボックスが適当なのかもしれません。

具体的な商品名でいうと以下などです。

このサイズだと置いても少し余裕があるかな(?)という感じで確実に置いておけます。

ただ、中型の鯛など平たい魚ならまだしも、青物やシーバスになると全長があるので確実に折り曲げて
収納しなければいけなくなります。

せめて私のスペーザベイシス程度が置ければまだ違うんですけどね〜。

大人気の「忍」だからこそ、期待を込めて今後頑張ってもらいたいですね〜♪

私はしばらくは斜めに置いて我慢しますが、置き台みたいなものを自作すれば、このサイズでも一応置く事は出来そうです。
DIYは好きなので、またその気になったらチャチャっと作成してみます。

それでは、「忍」を購入された皆さん「クーラーボックス選び」には気をつけてくださいね。

そして、「コンダクター10」乗りの方はスペーザベイシスが丁度よく置けるので、このサイズの物を買うことをオススメしますよ!

まとめ

クーラーを斜めに置くと不恰好だし、クーラー効率も下がってしまいます。魚の冷え方も均一じゃないですからいいはずありません。う〜ん買い換えるほどではないのでやはり自作しかないか・・・。これからの時期は水分補給もしっかりしてくださいね!

>カヤック・釣り業界をもっと盛り上げていきましょう

カヤック・釣り業界をもっと盛り上げていきましょう

カヤックフィッシングをはじめ、釣りは本当に楽しい・素晴らしいアウトドアの趣味です。みんなでマナーを守り、それぞれ想い想いの魚と楽しいFishing Lifeをおくりましょう。

CTR IMG