実はとっても簡単!20Kg超えのカヤックも楽々カートップしよう

カヤック必須なアイテム&服装

カヤックをカートップするには

ほとんどの方が「カヤックを車の上に載せて運搬する」と思うので、今記事は私がしている積載方法を書いていきたいと思います。あくまで私がやっている方法なので、慣れてきたらご自身のやりやすい方法でいいと思います。参考までに。

ルーフキャリアを取り付ける

普段、よく車の運転をされる方でしたら、他者の車で「屋根にキャリアを取り付けている車」を見かけないですか??これをルーフキャリアと呼び、カヤックの運搬には欠かせない道具となります。

しかし、ルーフキャリアは車の車種が違うと取り付ける型番が違うので、ご自身で探して頂くしかありません。ネット購入でしたら「車種、カヤック、ルーフキャリア」と検索をすると出てくると思いますよ。

私は「inno」というメーカーのものを使用しています。

購入してしまえば、1時間近くあれば全て取り付けが完了すると思います。(慣れてる方なら20〜30分でしょう)

さて、このままでもカヤックを載せることは可能なのですが、「カヤックが滑りそうで怖くはありませんか??」

私はノンスリップパッドというものを取り付けています。

これは4箇所、ルーフキャリアに取り付けて、カヤックのズレを防止する物です。カヤックが触れる部分はゴムになっているので、全く滑ることなく安心できますよ。特に高速道路で移動する方には、取り付けることを強く推奨致します

カートップの仕方

私のカヤックは20kg前半なので、なんとか持ち上げることができます。なので、人力でカートップしていますが、重いカヤックを使用している方は「カヤックリフター」なる物が売られているので、そちらを選ばれた方が賢いと思います。

さて、私のカートップを見てやってください。(写真ばかりになります)

車種は日産のデイズルークス(軽自動車)です。

1.車に傷がいかないように、ホームセンターに売られている、保護用マットを車に被せる

2.カヤックを立てる

3.カヤックを背負うように、手を握り直す

4.自分が前かがみ気味になれば、カヤックの先端がキャリアに乗ります(ちょっと重いです)

5.カヤックをグリグリと前方へ押し込んでいきます

6.ある程度載せちゃえば、手を離しても大丈夫

7.しっかり中心に乗っているかなどの確認をして、ノンスリップパッドの微調整をします

8.ベルトで固定する

こんな感じです。写真ばかりですが、お解り頂けましたでしょうか??この1〜8までで15分位でしょうか。そんなに難しい事ではありませんが、一番の難関は上記写真の「3番」だと思います。カヤックは重心が不安定なので、手の握り直しをする時にバランスを崩しやすいです。はじめの内は気をつけて取り組んでくださいね。尚、ミニ脚立があると作業がはかどりますよ。

まとめ

カヤックフィッシングは荷物も多いので、用意や片付けだけでも結構疲れます。特に片付けは、真水で洗浄などもするので、時間もかかりますよね。なので、体力がある程度残っている状態で納竿する事を心がけましょう。

さて、今回は人力でのカートップでしたが、始めた頃は自作のリフターを使ってカートップしていました。また、機会があれば自作リフターの紹介もしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました