実はとっても好相性!カヤックと『大人気』バス釣りについて

釣り雑学

バスフィッシングにカヤックってどうなの??

今回は、今でも大人気!「バス釣り」とカヤックの相性を書いていこうと思います。

ちなみに、管理人がカヤックでやったことのある釣りは、今のところ「海でのジギング(多魚種狙い)、ブラックバス、ビワマス」です。

先に答えを書いてしまうようですが、ぶっちゃけ、「バス釣りとカヤックの相性はとてもいいですよ〜〜!」

カヤックは本体が20kg以上の物がほとんどなので、準備や片付けは少し大変ですが、メリットは沢山あります。

では、見てみましょう。

カヤックを使ったバス釣り メリット

スロープが無くても、平らな場所からエントリーが可能。

私は滋賀県に住んでるので、琵琶湖なら湖岸にいくらでも駐車場はあるし、野池でも、船下ろしは容易に出来てしまいます。

手漕ぎなので、必要以上にプレッシャーがかからない。小回りも利く

カヤックは、パドルで手漕ぎして進む乗り物です。なので、エレキのようにプレッシャーをかけることも少なく、何より小回りが良い。

カヤックは収納がそこそこ付いてるので、ルアーが多い人でも困らない

カヤックはああ見えて、そこそこ収納があります。なので、自分の後ろにルアーBOXやクーラーボックス、ネット類など、必要な物を置くスペースがあります。

陸っぱりに比べて10倍釣れる!

10倍釣れるっていうのは言い過ぎかもしれません・・・が!本当に全然違いますよ。私は当時、フローターを購入した時に、それを嫌という程思い知りました。

う〜〜〜ん、まだまだメリットはあるのですが、書ききれないですね・・・

上記にも書きましたが、カヤックでの利点は「沖にあるポイントや、ノンプレッシャーな魚をお手軽に狙えること」。

言い換えると、「ボート釣りの人と同じ魚」「お手軽に」狙えるよ!と言うこと。

やはり、岸際は人的なプレッシャーが常にあるから、魚も簡単には口を使ってくれませんよね??ちょっと沖にある、ノンプレッシャーなポイントを打ってみるとどうでしょう??

「実に簡単に口を使ってくれます・・・」

これ本当なんです。陸っぱりしかやったことの無い人には、ほんとオススメしたいです!

まさひら君
まさひら君

こんなのが釣れてしまうよ

バス釣りにベストな場所は?

管理人の個人的な見解になりますが、「ちょっと大きめな野池」です。

琵琶湖のような大きい釣り場でも、景色がよく、釣りをしているだけで気持ちがいいのですが、やはり船も多いので、引き波などに注意をしなくてはいけません。そして、万が一に強風が吹くと、一気に沖へと流されてしまうでしょう。

それでは、「ちょっと大きめな野池」の何が良いかというと、

まずは陸っぱりから届かないポイントが存在すること

小さい野池だと、結局陸からやってもいいじゃん!という事になってしまいます。

やはり釣り人が多いと、バスはプレッシャーのかかるシャローから、沖のストラクチャーへ逃げていきます。なので、葦際であったりストラクチャーなんかを狙える野池がオススメなのです。

「野池って、目で見て美味しいポイントが分かりやすくないですか??」

トップウォーターから巻物、ジグ撃ちまで、何でも釣れて楽しいですよ〜!!!

オススメのカヤック

野池位の規模だったら、小型のカヤックが釣りやすいと思います。

具体的には全長が3m前後で良いかと思います。

まさに私の愛艇、「コンダクター10」がベストサイズだと思いますよ!

全長310cmは野池はもちろん、琵琶湖でも十分に通用するサイズでオススメです。

まとめ

私はバス釣り用に「ゼファーボート」というフローターも持っています。このゼファーボートにはパドルも付いているので、野池限定で考えるとこちらに軍杯が上がります。やはり軽いし、車内に積載できるメリットが大きい。ただ、野池ではなく「湖やリザーバー」で使う場合は断然、カヤックがオススメですよ。なので、私は今後もフィールドによって使い分けをしていこうと思っています。

■BW178U-T ウッドカモ BISONWAVE バイソンウェーブ フローター 釣り ゴムボート マリンレジャー ボート ゼファーボート フィッシング アウトドア 機械屋
created by Rinker

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました