カヤックフィッシングにおけるベイトリール そのメリットとは

タックル

カヤックフィッシングにおけるベイトリール

エクスセンスDCというリール

まず、最初に書いておきますが、私はシマノのリールが大好きなので、紹介していくリールはスピニング、ベイト共全て「SHIMANO」となりますのでご了承ください。

まずは、バーチカル(縦に落としていく)な釣りに有利な「ベイトリール」。タイラバなどもされる方は一つ用意しておきたいところなのですが、私はソルト用として出ているエクスセンスDCというリールを使っています。

真っ黒なボディがかっこいいです!

 

写真中央の真っ黒ボディがエクスセンスDCです!下記アイテムリンクです。

(5) シマノ エクスセンス DC XG(右)(2017年モデル) /ベイトリール/シーバス/ブラックバス/SHIMANO/EXSENCE DC
created by Rinker

元々、このリールを買った理由としては、ショアからの青物やシーバス、太刀魚用に、「トラブルを抑えて、飛距離を出したかったから」です。

根魚軍団
根魚軍団

トラブルっていうのはどんな事だい?

トラブルと書いたのは主にバックラッシュを指しますが、海の防波堤などで釣りをする際、結構向かい風がビュービュー吹いている事があります。そうなってくると、シマノのDCブレーキが付いているリールが良かったんですね。

 

とはいえ、DCブレーキをキツく締めすぎても飛距離は落ちますので、そこまでの向かい風の際は、潔くスピニングタックルに持ち替えて釣りをしています。

私の場合、バス釣り経験が長いので、ただ気分的にベイトでキャストをしたくなる!というのがあって、それ以外にはあまり大きな理由はありません。

しかしながら、カヤックフィッシングではロングキャストはほぼしないので、DCブレーキは必要ありません。これからベイトを購入される方はカヤックフィッシング専用」として使うのであれば、DCブレーキはいらないでしょう。

逆に、私みたいに「ショアと併用する場合」はDCブレーキ付きの方がバックラッシュも抑えられ、飛距離も出るので、とても有効だと思います。

ここはお好みで決めてください。

購入時に気を付けたいこと

さて、購入時の注意点は海水OKなのかという点と糸巻き量でしょう。

大体の方が細いPEラインを巻くので、糸巻き量は問題ないと思いますが、フロロを巻く方はお気をつけくださいね。

フロロのラインは太いので、リールによっては「20lbを100mも巻けない」ですよ。

そして、よく知り合いからも質問されるのですが、PEラインをリールに巻く時は、必ず下糸をナイロンでもフロロでもいいので、2、3mでもいいので巻いておきましょう。

デカイ魚が掛かった時に、PEラインを直接巻き始めると、ドラグが滑ってしまう事に繋がります。(この事は、今後詳しく記事で書こうと思います。)

海水使用に関してもシマノのHP(以下)や商品の箱にも書いていますので、購入前にご確認くださいねhttp://fishing.shimano.co.jp/search?pcat1=1&pcat2=12

※どんなに上位機種のリールで海水OKとなっていても、メンテナンスをしなければ直ぐに塩噛みしますので、釣行毎に真水洗いは必須ですよ!

シマノもダイワも本当に数多くのリールが出されています。ジギングにはオシアジガーなどのアイテムもあるのですが、管理人はアンタレスなどのロープロ型か、バス釣りでカルカッタしか使った事がないので、ご了承ください。とはいえ、今はロープロ型で十分に楽しんで釣りしています。

最後に素晴らしいリールのご紹介

最後に、金銭的な余裕がある方はシマノのフラッグシップモデルのアンタレスDCMDがオススメです!!村田基氏が関わっているだけあって、「耐久性、糸巻き量、XG(エクストラハイギア)」どれをとっても素晴らしいリールです。バス釣り〜ソルトまで幅広く使い方にはオススメです!

(5)シマノ アンタレスDC MD XG RIGHT (右ハンドル)(2018年モデル) /ベイトリール/SHIMANO/NEW
created by Rinker

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました