<2020シマノ新製品①>特に注目のNEWツインパワーとメタニウム

タックル

昨日、1/14にシマノ の新製品発表がありましたね!

案の定、シマノのHPは繋がりにくくて大変でしたが、私の釣りにおいて気になるアイテムを
紹介していきたいと思います。

写真はシマノのプロスタッフ黒田健史さんのブログより拝借致しております。
(アイキャッチ画像も黒田さんの写真です)

注目のリールNo.1

私の中で注目していた、世間の皆様が今年は出るだろうと予想していた、そう

『ツインパワー』

(※写真はシマノHPよりお借りしています)

やっぱり出ましたね!

巻き心地と剛性をさらにパワーアップさせたとのこと!

さらに、どことなくステラや旧ヴァンキッシュっぽい雰囲気を感じさせるデザインですね。

今回の20ツインパワーの凄い点

さて、今回のツインパワーですが旧タイプと比べると大幅な軽量化が進められています。

今まで、ツインパワーは重くて・・・と思っていた方も今回のNEWツインパワーは躊躇なく使っていけるモデルとなっています。

具体的にどれ位違うかと言えば

(2500番手を例にしてみます)

18ステラ205g,19ヴァンキッシュ165gなのですが、

旧15ツインパワー240g!!!

これは重たく感じても仕方ないでしょうね。実際、14ステラも結構重かったですよね。

さて、今回の20ツインパワーはなんと210g!!!

ほとんど18ステラと変わらない自重になりました。これによってショアジギングなども
負担を軽減しながら使うことが出来ますね。

しかも、ステラやヴァンキッシュ同様、スプールのロングノーズ化により飛距離もアップとのことです!

それにしても、これだけ軽量化したのに剛性がUPしたとはどういうことなのでしょう?

ツインパワーの軽量化

黒田プロ曰く、今回のツインパワーは「ステラとヴァンキッシュのいいとこ取り」だそうです!

というのも、18ステラはマグネシウムとジュラルミン(アルミニウム合金)の組み合わせでできており、ヴァンキッシュは各パーツがマグネシウムとCI4と呼ばれる強化樹脂の組み合わせでできているそうなんですね。

そして、今回の20ツインパワーはその全ての素材が使われているとのこと。

即ち、ステラと同等の強度を確保しながら軽量化を施されたのが、今回の20ツインパワーになります

しかも、番手も豊富にあります。

個人的にカヤック用でC5000xgが欲しいところです。

ショアジギングはもちろん、カヤックフィッシングにおいてC5000XGという番手は必須番手になりますね。

ちなみに、発売は3月下旬とのことなので、春先の釣りにはなんとか間に合うかな?と
いったところです。人気番手は直ぐに完売してしまうので、予約して購入しましょう。

価格は定価が4万円台ですが、実売価格は3万円後半になるでしょうね。

楽しみです。

20メタニウム

バス釣りをしている人ならば、知らない人はいないのではないでしょうか?

「メタニウム」

私も学生の頃は昔のモデルですが、メタニウムMgに大変お世話になっていました。

当時はいろんなプロが使っていた名機ですよね。

さて、4年ぶりのモデルチェンジが行われたメタニウム。

今回のNEWメタニウムの進化もこれまた凄いです!!

「重量変わらず、バンタム級の剛性感にアンタレスの飛距離やキャストフィール、そこに軽かったの巻き感」

まるで、リールのオールスター!!!笑

全部載せってやつですね!

さて、詳しくみてみましょう。

メタニウム詳細

まずはボディ!バンタムにも採用されているコアソリッドボディとなります。
(スプールを外したり遠心ブレーキ調節のためにカップ状になっていたパーミングする側のボディが一体で成形されているボディのこと。)

当然、一体化することにより剛性感も増します。

ちなみに、バンタムはジュラルミン(アルミ合金)製で、今回の20メタニウムはマグネシウム合金でできているとのこと。本体A側もマグネシウム合金でできていて、フルマグネシウムです。

更に、スプールは19アンタレス同様のMGLⅢスプールが採用。
(スプール幅は19mm)

スタードラグはci4化されています。

細かい部分でも軽量化が図られていますね。

更に細かいところを言うと、レベルワインドも樹脂化により0.8g軽量化されているとのことです。

さて、なぜここまで軽量化に力を入れているかといえば、メインギアが変わっています。

ジュラルミン製〜真鍮製へ

16メタニウムMGLではジュラルミン製のギアを使っていたのですが、今回のNEWメタニウムは
真鍮製のギア(以下:ブラスギア)に変更となりました。

まずは重量ですが、ジュラルミン製の方が10gほど軽いとのこと。
リールの10gって相当ですよね・・・。

ただし、ブラスギアはその重量もあり剛性感や巻き感がUPします。

シマノベイトリールでもアンタレスやカルカッタのような、いわゆる巻心地を重視するリールにはブラスギアを、メタニウムやアルデバランには軽量なジュラルミンギアが搭載されてきた流れがあります。

そうなのです、上記で書いた「軽量化」はこの10gの差を埋めなくてはならなかったのですね。

担当者泣かせのリールだと言うことがよく解ります。

なので、今回のNEWメタニウムは16メタニウムMGLと比べてもパワーアップしたということが
よく解るリールになっていそうです!

ちなみに、気になる番手(ギア比)は

ノーマル(6.2:1)、HG(7.1:1)、XG(8.1:1)

の3種類。ラインキャパシティは12lbー100mのシマノ70番スプールだそうです。

こちらもバス釣りをされる方には大注目のリールだと思います!!

発売は右巻きモデルが3月、左巻きは5月とのことです。
定価は44100円なので、実売は3万円半ばですね。

まとめ

今回は人気の2機種をご紹介しました。これからのフィッシングショーなどのイベントで是非お手にとってみてください。そして、確実に入手したい方は予約してくださいね!!(リンクはC5000XGとノーマルギアを貼っています)

シマノ SHIMANO 20ツインパワー C5000XG【新製品 予約 入荷次第ご連絡】【リール REEL 通常スピニング ルアー ちょい投げ 魚 釣り フィッシング】
created by Rinker
【予約受付中!!】シマノ 20 メタニウム RIGHT /ベイトリール ライト 右巻き 2020年3月発売予定
created by Rinker

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました